除菌能力を高めたオゾン発生器 [オリジナル製品]

概要

今日の社会情勢により,オゾンを使用したウィルスの不活化にも関心が高まっており,より除菌能力の高い製品が望まれるようになった.

このため,従来型のオゾン発生器(ESD-U2)よりオゾンの発生量が多い製品(ESD-U3S)を開発することにした.

要件

  • 除菌能力を高めるため,従来製品よりオゾンの発生量を多くする. (ESD-U2は最大で32mg/h)
  • 広範囲に送風できるようにするため,従来製品より送風能力を高める. (ESD-U2は0.31m3/min)
  • オゾン発生体(紫外線ランプ)の交換が容易な構造とする.
  • 片手で持ち運べる大きさ・重さ,および,構造とする.

仕様

電源AC100V 50/60Hz
消費電力最大65W
外形寸法W270 × H250 × D140
本体重量約3kg
オゾン発生体冷陰極型紫外線ランプ(オゾン発生量16mg/h) ×3
ランプ電源専用インバーター ×3
送風DCブロア(0.71m3/min) ×1
表示器LCD(グラフィック液晶) ×1, LED ×9
操作系ダイヤル(エンコーダー) ×1, 押しボタンスイッチ ×3, 電源用ロッカースイッチ ×1
CPUARM(STM32)
組込ソフトウェアC言語

製品イメージ